About

tona

"tona" is a Tokyo based design studio, established by textile & interior designer Rika Kawato. The keywords of tona’s design are: color, material, finish, and the sense of nature. Color, material and finish have a great impact on how people perceive spaces and products. By carefully analyzing the right tone of color, the right material for the purpose, and the right finish, spaces or products will have strong appeal. The studio’s works are characterized by a fascination with the ordinary things in everyday life such as wind and light. This adds a sense of nature to its design.


tonaはテキスタイル&インテリアデザイナーの河東梨香により設立された東京が拠点のデザイン事務所です。 tonaのキーワードは色、素材、手触り、そして自然から得るインスピレーションです。 空間やモノを感覚的に理解する上で最初の3つのキーワードは重要な役割を果たします。 それぞれ目的やイメージに合ったものを分析し、デザインすることでより訴求力のある空間やモノになります。そしてtonaの性格を作るのが自然や毎日の生活の中にある小さな感動です。例えば光や風の動きを組み込むことにより、自然のゆるやかさや透明感を感じるデザインになります。

Rika Kawato / 河東梨香

Rika Kawato was born in Germany to a Japanese father and a Danish mother. She was raised and educated in the Soviet Union, Sweden, Japan and USA. After she graduated from the Textile Department of Rhode Island School of Design in 2004, she worked as a textile designer for automobiles. Rika started working independently and established her own design studio, "tona" in 2011. Influence from her diverse background has been a fundamental element in Rika’s works as a designer. Her design can be Asian, European or even both at the same time. She is now based in Tokyo and works with international clients.


河東梨香はドイツで日本人の父とデンマーク人の母の間に生まれ、旧ソ連、スウェーデン、日本で幼少期を過ごしました。 米国のロードアイランドデザイン大学を2004年に卒業後、インハウスデザイナーとして大手自動車会社向けファブリックのデザインと開発を行い、2011年に自身のデザイン事務所"tona"を設立。現在は東京を拠点に国内外の企業にデザインを提供しています。多様な国や文化の中での経験を通した「異なる文化の融合」と、デンマークの祖母の介護、そして高齢者施設での勤務から感じた「人を思うデザイン」をテーマにテキスタイルからグラフィック、家具、福祉環境まで幅広い領域で色と素材感を大切にしたものづくりを実践しています。

to pagetop

Copyright© Rika Kawato All rights reserved.